2019年7月22日(月)

三井不動産、精養軒に出資 西洋料理店の草分け

2017/1/31 10:15
保存
共有
印刷
その他

三井不動産は31日、西洋料理店の草分けとして知られる精養軒に出資したと発表した。同社の第2位株主である福島ビル(東京・中央)が保有する精養軒の発行済み株式の15.9%を取得。取得額は非公開だが、「中長期的な観点において経営戦略上有効であるため、安定株主として長期保有する」(三井不動産)としている。

精養軒は1872年、三条実美や岩倉具視の支援を受け、東京・築地に「精養軒ホテル」を創業。その後、上野公園(東京・台東)の開設に合わせ、公園内の飲食、社交の場として「上野精養軒」を開業した名門だ。上野精養軒には国内外の王侯貴族や名士たちが集まり、鹿鳴館時代の文明開化を彩った。

現在は、主力の「東京文化会館店」が立地する上野エリアで飲食店の競争が激しく、2011年1月期から5期連続で営業赤字が続いた。不採算店の閉鎖などで収益性を改善し、2016年1月期には黒字に転換したものの、依然として厳しい状況が続いている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。