/

この記事は会員限定です

特許切れ薬売却へ 塩野義200億円、アステラス500億円

新薬に注力 製薬の世界再編波及

[有料会員限定]

日本の製薬会社が特許切れ薬を相次ぎ売却する。塩野義製薬が外資系製薬に感染症薬などを売る方針を固めた。アステラス製薬は消化器病薬などの売却に向け調整に入った。これまで収益の柱だった特許切れ薬は、医療費抑制に向け政府が薬価引き下げに動く。製薬大手は特許切れ薬を売却し、研究開発に資金を回す。新薬を巡って再編もいとわない世界の潮流が日本にも影響し始めた。

製薬会社には新薬メーカーと、特許期間が終わった他...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り879文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン