2018年8月22日(水)

トヨタの米拠点、AI活用で新材料を開発へ

2017/3/30 22:47
保存
共有
印刷
その他

 トヨタ自動車は30日、米国の大学や研究機関と連携し、人工知能(AI)を活用して次世代車に必要な材料を研究すると発表した。4年間で総額3500万ドル(約39億円)を投じる。燃料電池車向けの触媒などを開発するほか、AIで自動的に最適な材料を探すシステムも研究する。

 米シリコンバレーでAIを研究・開発する子会社「トヨタ・リサーチ・インスティテュート(TRI)」を通じ、次世代車に使う新しい材料の研究を加速する。まずAI研究で連携しているスタンフォード大やマサチューセッツ工科大、ミシガン大などと協力する。

 トヨタはTRIでAIや自動運転技術の開発を進めており、今後はAIで軽量化やバッテリーに使う材料の開発も加速する。TRIは「2050年までに世界の新車の平均二酸化炭素(CO2)排出量を9割減らすビジョン達成に近づく」と説明している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報