味の素、世界から幹部候補200人 16年度に新制度

2015/11/4 23:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

味の素は2016年度から、国内外の関係会社から次世代の経営幹部候補200人を選抜し育成する人事制度を導入する。従来は日本人中心だったが、グローバル経営の加速に向け、国内外から優秀な人材を登用する体制を整える。

新制度は「グローバル・人財マネジメントシステム」。国内だけでなく北米や南米などの各地域本部が人材をリストにし、経営陣らでつくる人財委員会が今年度中に200人を選ぶ。国内は40代中心、国によ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]