2019年1月22日(火)

涙の出ないタマネギ、ハウス食品が開発 辛みも少なく

2015/3/30付
保存
共有
印刷
その他

ハウス食品グループ本社は30日、調理時に涙がほとんど出ない「新しいタマネギ」の開発に成功したと発表した。非遺伝子組み換え手法により、タマネギを切る際に涙を出す催涙成分の発生を弱めるタマネギを作ることができた。辛みもほとんど感じないという。

水さらしが不要なため、すぐに厚切りして生食でき、タマネギ本来の栄養をとることができるという。手に残る臭いも気にならない。このほど園芸学会で発表した。同社は「今後の商品化については未定」としている。

同社は1990年代から、カレーの具材であるタマネギの催涙成分に関係する酵素などの研究に取り組んできた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報