/

東武鉄道、名門「金谷ホテル」買収 訪日客に的

東武鉄道は30日、栃木県の名門リゾートホテルを手がける金谷ホテル(栃木県日光市)を買収すると発表した。投資ファンドと従業員持ち株会から株を買い取り、子会社化する。鉄道の沿線の日光地区でも訪日外国人客が増えている。名門ホテルを傘下に入れ、地域の観光資源を楽しむ旅行プランを提案するなどして訪日客らの観光需要を取り込む。

東武鉄道が買収する日光金谷ホテル(栃木県日光市)

9月30日に投資ファンドなどから議決権ベースで計61.6%分の株を取得する。既に保有する株と合わせ議決権比率は計63.4%となる。買収額は非公表。

買収する金谷ホテルは、日光市内で「日光金谷ホテル」と「中禅寺金谷ホテル」の2軒のホテルを直営する。2015年11月期の売上高は14億円で前の期に比べ11%増えた。東日本大震災の影響から回復し、訪日客の需要も追い風になり、業績は上向いていた。

日光金谷ホテルは1873年に創業し、外国人向けの宿泊施設として開業したリゾートホテル。科学者のアインシュタインら多くの著名人が泊まったことで知られており、国指定の登録有形文化財にもなっている。

東武鉄道は沿線の日光地区で今後、蒸気機関車(SL)の営業運転を復活したり、中禅寺湖の遊覧船を新造したりするなどして地域の魅力を高めようとしている。金谷ホテルを傘下に入れグループとして相乗効果を引き出す。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン