2019年2月19日(火)
速報 > 人事 > 記事

ルネサス会長兼CEOに遠藤氏、元日本オラクル社長

2015/3/30付
保存
共有
印刷
その他

経営再建中の半導体大手ルネサスエレクトロニクスは元日本オラクル社長の遠藤隆雄氏(61)を会長兼最高経営責任者(CEO)に迎える人事を固めた。6月下旬の株主総会後に就任する。作田久男会長兼CEO(70)は退任する。作田氏は2013年6月に会長に就き工場再編や人員削減など構造改革を進め、経営再建の道筋をつけた。

日本IBMからオラクルに転じた遠藤氏はソフトウエアや製造関連のシステムに強い。半導体だけでなく、自動運転や燃費改善などのシステム提供を目指すルネサスにとって適任と判断した。鶴丸哲哉社長(60)は留任する。ルネサスは東日本大震災後に業績が悪化、産業革新機構やトヨタ自動車などの出資を受けた。15年3月期は設立後、初の最終黒字となる見通し。

遠藤 隆雄氏(えんどう・たかお)77年(昭52年)東大工卒、日本IBM入社。06年常務執行役員。08年日本オラクル社長。13年会長。14年退任。和歌山県出身。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ速報トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報