/

車8社の4月、海外生産2.5%減 米国販売減速

トヨタ自動車など自動車8社が30日発表した2017年4月の海外生産台数は前年同月比2.5%減の148万8093台だった。米国市場では17年に入ってから新車販売台数が減速している。日系メーカーもセダン系を中心に苦戦し、生産台数を減らしている。

トヨタの米国生産台数は前年同月比15.6%減の約10万台だった。日本から輸出している多目的スポーツ車(SUV)「RAV4」など大型車種は好調だったが、全体では「カムリ」「カローラ」などセダン車が前年の販売実績を下回った。

日産自動車の米国生産台数は10.6%減の7万8773台。ホンダの米国生産も21.4%減の8万7265台だった。

米調査会社のオートデータによると、4月の米新車販売台数は142万6126台。前年同月比4.7%減で4カ月連続のマイナスだった。販売店の値引き原資となる販売奨励金(インセンティブ)も高水準で推移しており、先行き懸念が強まっている。

トヨタ自動車は30日、ダイハツ工業、日野自動車を合わせた4月の国内生産が前年同月から30.8%増え、33万7983台だったと発表した。昨年4月は熊本地震の影響で生産を休止し、この反動が出た。国内生産が増えるのは2カ月ぶり。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン