「てるみくらぶ」内定者受け入れ、企業が名乗り

2017/3/30 18:30
保存
共有
印刷
その他

東京地裁から破産手続き開始の決定を受けた旅行会社「てるみくらぶ」(東京・渋谷)の新卒内定を取り消された学生を受け入れようとする動きが出てきた。航空券予約サイトを運営するアドベンチャーや弁護士法人アディーレ法律事務所(東京・豊島)などが名乗りを上げている。

てるみくらぶに4月から入社する予定だった新卒内定者は東京だけで58人いたという。厚生労働省は東京と大阪の新卒者専用のハローワークに相談窓口を設置している。

アドベンチャーは新卒内定者の受け入れに向けて面談を実施する。もともと新卒内定者は1人を予定していたが、てるみくらぶの破産手続き開始の報道を受けて、「同業者として若者の夢が断ちきられるのは痛ましい」として受け入れを決めた。数十人程度の受け入れを予定している。

アディーレ法律事務所も選考をせずに内定を出すという。採用期限は4月2日午後3時までとしている。

(企業報道部 広沢まゆみ)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]