/

リンガーハット、一部店舗で営業時間短縮 首都圏中心

リンガーハットは30日、4月1日から首都圏を中心に53店舗で営業時間を短縮すると発表した。閉店時間を30分から5時間早める。外食業界では人手不足が慢性化し、24時間営業などを見直す動きが広がっている。売り上げの低い深夜帯の営業を減らし、人手不足の緩和につなげたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン