/

シャープ、AIが汚れ分析 加湿空気清浄機

シャープは30日、人工知能(AI)が室内外の空気の汚れなどを分析する加湿空気清浄機を9月21日に発売すると発表した。AIが日々使うモード設定などを学習し、利用者が操作しなくても生活に合わせて自動で最適なモードなどを提案する。スマートフォン(スマホ)のアプリで部屋の湿度やほこりの状況も確認できる。目では見えにくい効果をわかりやすく示し、需要の掘り起こしをねらう。

AIが使用頻度やよく使うモードから分析し、集じんフィルターなど消耗品の使用状況や交換のタイミングをアプリで知らせる。毎日の使う時間帯やモードなど好みを学習し、日々の利用に合わせて自動で運転を切り替えるなど、操作いらずで手軽に使える。

除菌などに効果があるとされる独自の「プラズマクラスター」技術を搭載。価格はオープンだが市場想定は税別8万3千円前後。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン