/

サッカー観戦、VRで進化 NTTグループとJリーグが協力

NTTドコモとJリーグは30日、相互協力を推進する「トップパートナー契約」を締結したと発表した。VR(仮想現実)を使って試合を観戦できるようにしたり、選手の情報をリアルタイムで配信したりする。契約期間は2017年7月から19年12月まで。最先端の技術をサッカーの分野で導入し、観客や視聴者の利便性を高める。

都内で開いた記者会見で、ドコモの吉沢和弘社長は「Jリーグの選手の息づかいや脈拍を感じられるようになる」と話した。Jリーグの村井満チェアマンは「(顧客との接点を作るには)NTTグループのノウハウが不可欠」と話した。ドコモは今後、次世代通信規格の第5世代(5G)通信を使った中継の配信なども計画する。

JリーグはNTTグループとオフィシャルテクノロジーパートナー契約も締結。Wi-Fi(無線LAN)など通信サービスを活用した「スマートスタジアム」での連携を深める。

スポーツのIT化は米国などと比べ、国内は出遅れているといわれる。NTTの新ビジネス推進室の戸松正剛担当部長は「スポーツは先端の技術を導入する際にユーザーへの訴求力が高い」という。ドコモをはじめとしたNTTグループの「総力戦」で、スポーツのIT化を一段と進める考え。

(大西綾)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン