2019年9月18日(水)

日本CMK、群馬の2工場生産停止 希望退職200人募集

2015/9/30付
保存
共有
印刷
その他

プリント基板大手の日本CMKは30日、群馬県内の2工場の生産を来年9月末をメドに停止すると発表した。顧客企業の海外生産シフトが進み、過剰になった国内の生産能力を減らす。2工場の従業員は他の事業所に配置転換する予定。これとは別に勤続3年以上で40歳以上の社員を対象に200人の希望退職も募る。抜本的な収益改善策で、業績の回復をめざす。

生産を止めるのは群馬県伊勢崎市の「Gステイション工場」と「KIBANセンター工場」。自動車向けのプリント基板の生産が3割程度を占める。自動車の電装化でプリント基板の世界需要は増えているが、顧客企業の生産拠点の海外シフトで国内需要の減少が続いていた。2014年10月に国内子会社4社を本体に吸収して再編を進めてきたが15年4~6月期に赤字に転落し抜本的な対策が不可欠と判断した。

円安が進行している中でも中国や台湾の企業との価格競争が激しいために人件費の高い国内工場の価格競争力は見劣りする。今後は国内向けは新潟県内の「新潟工場」と「蒲原工場」の国内2工場で生産し、海外需要は中国とタイの主要3拠点で対応する。

希望退職は11月2日~13日に募集して退職日は12月末になる。特別退職金を支給するとともに再就職を支援する。12年に実施した希望退職では303人に対して10億7000万円を支給した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。