/

KADOKAWA、クールジャパン機構と提携

■KADOKAWA 外国人クリエーターの育成事業でクールジャパン機構と提携すると30日、発表した。育成事業を手がける角川子会社にクールジャパン機構が最大4.5億円を出資。アニメ制作や声優を育てる教育事業を海外12カ国・地域で展開する。

角川コンテンツアカデミーにクールジャパン機構に加え、パソナと紀伊国屋書店からの出資を受け入れる。資本金は総額約10億円に増える。

2年間で絵の描き方などを学べる専門学校を設ける。これまでに台湾とシンガポールに開校済みで、2017年をめどに中国やインドネシアなど4カ国に設置する。日本文化に理解ある消費者の拡大や日本のゲームやアニメの海外展開を支える現地人材の増加につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン