/

この記事は会員限定です

京セラ「20年度に売上高2兆円へ」 AIで生産性倍増

[有料会員限定]

京セラの谷本秀夫社長は30日、日本経済新聞の取材に応じ、「2020年度までに連結売上高を2兆円に、営業利益を2000億円以上にしたい」と話した。年200億~300億円を投じて工場や設計といった各部門でAI(人工知能)の活用などを進め、生産性を2倍にする計画も明らかにした。

17年度の売上高予想は1兆5千億円。20年度までの上積み分5千億円のうち、2500億円を車載や電子部品の新事業強化、2500億円をM...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り228文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン