京セラ「20年度に売上高2兆円へ」 AIで生産性倍増

2017/5/31 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

京セラの谷本秀夫社長は30日、日本経済新聞の取材に応じ、「2020年度までに連結売上高を2兆円に、営業利益を2000億円以上にしたい」と話した。年200億~300億円を投じて工場や設計といった各部門でAI(人工知能)の活用などを進め、生産性を2倍にする計画も明らかにした。

17年度の売上高予想は1兆5千億円。20年度までの上積み分5千億円のうち、2500億円を車載や電子部品の新事業強化、2500…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]