/

田辺三菱製薬が希望退職募集 45歳以上対象に

田辺三菱製薬は30日、国内で数百人程度の希望退職を募ると発表した。対象は45歳以上の社員3500人。国内の医薬品市場は安価な後発薬の普及などで事業環境は厳しさを増している。固定費を削減して、成長が期待できる米国など海外に投資を振り向ける体制を整える。同社が希望退職を募集するのは2008年以来、7年ぶりとなる。

今回の希望退職では募集人数は定めず、原則として希望する全員を認める。対象人員の1割前後にあたる300~400人程度が応募するとみられる。募集期間は12月1~25日まで。割増退職金など60億円前後を16年3月期に特別損失として計上する。

同社は海外の製薬大手に製造販売権を提供した新薬のロイヤルティー収入が好調で、16年3月通期の連結純利益は前期比16%増の460億円と過去最高を更新する見通し。ただ、連結売上高は1%増の4180億円と伸び悩む見込み。国内では医薬品販売が苦戦しており、収益力の向上が課題になっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン