/

ゼビオ、10月めど持ち株会社体制に移行

スポーツ量販店大手のゼビオは30日、10月1日をめどに純粋持ち株会社体制へ移行すると発表した。会社分割によりスポーツ用品販売事業を子会社に継承する。国内外の企業提携やM&A(合併・買収)などの成長戦略を迅速に実現できるようにする。

4月上旬にもスポーツ用品販売事業の受け皿となる分割準備会社を設立する予定だ。社名や経営体制の詳細については今後詰める。ゼビオは持ち株会社に移行後も東京証券取引所への上場を維持する。6月下旬の株主総会の承認を得て正式に決定する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン