心臓の再生医療加速 テルモ、細胞シート申請

2014/10/31付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

テルモは心不全患者の心臓の再生医療を事業化する。患者の細胞を培養して心臓に貼り、機能の回復を促す。自身の細胞を使うため、拒否反応の危険性が低い。安全性などの審査には約1年間かかる見通し。心不全が悪化すると人工心臓や心臓移植が必要になる。承認されれば悪化前に治療し、患者の身体負担を軽くできる。

心臓の再生にはシート状に培養した患者の細胞を使う。細胞シートの製造や販売に必要な承認を30日に厚生労働省…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]