/

8月の自動車輸出、2カ月ぶり減 小型車の減少目立つ

日本自動車工業会は30日、8月の国内自動車生産・輸出実績を発表した。トラックやバスを含めた四輪車の輸出は前年同月比8.1%減の32万2838台と、2カ月ぶりにマイナスだった。52.9%減の小型乗用車の落ち込みが響いた。北米・中南米の減少が目立ち、日産自動車やホンダが相次いで現地生産を始めていることが影響した。

四輪車の国内生産台数は前年同月比6.7%減の63万4747台。マツダ、スズキ、富士重工業を除く5社がマイナスとなった。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン