/

バイオジェン・ジャパン、核酸医薬「スピンラザ」発売

バイオジェン・ジャパンは30日、次世代のバイオ医薬品として注目を集める核酸医薬の「スピンラザ」を発売した。体を動かせない神経難病である乳児型脊髄性筋萎縮症の治療に用いる。

今年7月、申請から7カ月でスピード承認されていた。注目されていた薬価は1瓶当たり932万円に決定した。年間2800万円の薬剤費がかかる計算となる。投与患者はピーク時に年294人、97億円の売り上げが想定されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン