2018年12月14日(金)

シャープ、有機EL試作ラインに574億円 堺工場などに

2016/9/30 13:15
保存
共有
印刷
その他

シャープは30日、次世代ディスプレーとされる有機ELパネルの試作ラインを堺市と三重県多気町の工場に設けると発表した。574億円を投じ、2018年4~6月の稼働を見込む。スマートフォン(スマホ)向けを生産し、17年ごろから徐々に始まると見込まれる液晶パネルから有機ELパネルへの切り替えに備える。

シャープは3月末に総額2000億円を投じて有機ELパネルを手掛ける中期的な計画を発表しており、量産ラインに先立ち、試作ラインを設ける。3月末の段階では亀山工場(三重県亀山市)に設けるとしていたが、水面下で堺工場をメーンにする方向で調整を進めていた。有機ELパネルの普及状況などを見極めて今後の追加投資を判断する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報