2018年12月12日(水)

エアアジア、中部空港就航を3度目の延期

2017/1/30 12:12
保存
共有
印刷
その他

格安航空会社(LCC)のエアアジア・ジャパン(愛知県常滑市)は30日、中部国際空港(同)を拠点に予定していた定期路線の開設時期を延期すると発表した。延期は3度目。中部―札幌は2017年初め、中部―台湾・台北は17年春を目指していたが、新たな就航時期は未定。同社は「安全運航を遂行するための準備スケジュールの見直しが理由」としている。

同社には楽天やアルペン、ノエビアホールディングスが出資。15年10月に航空事業許可を取得した際には16年春に中部―仙台を含む3路線を開設すると発表した。乗務員の訓練などに時間がかかり、この予定を延期。さらに16年9月、仙台便の就航を断念し、ほかの2路線も再延期すると発表していた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報