/

この記事は会員限定です

飛び交う怒号、大荒れの歴史再び 東芝臨時株主総会

[有料会員限定]

東芝の臨時株主総会が30日午前10時、幕張メッセ(千葉市)で始まった。前日に米原子力子会社のウエスチングハウス(WH)など2社が米連邦破産法11条(日本の民事再生法に相当)の適用を申請したと発表。株主から「なぜ減損リスクを見抜けなかったのか」「誰の責任なのか」などと質問が相次ぎ、綱川智氏の社長就任後の初総会は大荒れとなった。会計不祥事が発覚した2015年4月以降、4度目となる株主総会。それぞれの総会の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1731文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン