/

この記事は会員限定です

シャープの太陽電池事業、昭和シェル系と統合 革新機構検討

[有料会員限定]

官民ファンドの産業革新機構がシャープの再建策として、同社の太陽電池事業と昭和シェル石油の太陽電池子会社を統合する検討に入った。シャープの太陽電池事業は液晶事業とともに収益が低迷し、業績不振の大きな要因となっていた。革新機構はシャープ本体に出資したうえで業界再編を進めて経営立て直しを狙う。東芝の白物家電などとの事業統合を含めて幅広い分野で再建していく。

革新機構は30日、シャープ本体に対する3千億...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り581文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン