タカタ株が連日ストップ高 再建の進展期待

2016/12/30 20:02
保存
共有
印刷
その他

タカタの株価が30日、値幅制限の上限(ストップ高水準)である前日比150円(21%)高の857円で取引を終えた。連日のストップ高で、この日は東証1部の値上がり率トップとなった。欠陥エアバッグ問題について刑事捜査を進める米司法省と同社の和解協議が大詰めを迎えていると伝わり、再建が進展するとの期待から個人投資家などの買いを集めた。

米メディアの報道によると、制裁金は最大10億ドル(約1170億円)になるという。タカタ株は29日も和解を巡る一部報道でストップ高まで上昇していた。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]