/

任天堂、ファミコン復刻版を日本でも11月発売

デザインはそのままに、手のひらサイズにした(ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)

任天堂は30日、家庭用ゲーム機「ファミリーコンピュータ」の復刻版を日本で11月10日に発売すると発表した。デザインはファミコンを踏襲するが、サイズは約60%に縮小した。「スーパーマリオブラザーズ」「パックマン」「ゼルダの伝説」など30種類の人気ゲームソフトを内蔵しており、テレビに接続するだけで遊べる。従来は欧米のみで販売する方針だった。国内でも発売し、眠っているファンの掘り起こしを狙う。

日本版の名称は「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」で、価格は税別5980円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン