/

川崎汽船社長に村上氏

朝倉社長は代表権のある会長に

村上英三氏

川崎汽船は村上英三副社長執行役員(61)が4月1日付で社長に昇格する人事を固めた。朝倉次郎社長(64)は代表権のある会長に就く。30日午後に発表する。同社は2015年3月期に2期連続の増益を見込みむなど収益力が回復してきた。コンテナ船事業の立て直しを陣頭指揮してきた村上氏の起用で成長軌道に乗せる。

村上氏は14年までコンテナ船事業を担当し、航路の選択と集中を進めて黒字体質を定着させた。現在は3月をメドに発表する新しい中期経営計画の取りまとめを担当している。村上氏をトップに据えて計画を着実に進めていく。

村上 英三氏(むらかみ・えいぞう) 75年(昭50年)関西学院大経卒、川崎汽船入社。05年取締役、14年副社長執行役員。兵庫県出身。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン