/

建設現場の作業、ロボ装着で楽に サイバーダイン、大林組に納入

筑波大学発ベンチャー企業のサイバーダイン(茨城県つくば市)は30日、建設現場で重いものを持ったときに腰にかかる負担を軽くし、腰痛になるリスクを減らす装着型ロボット「作業支援用HAL」を開発し、販売を開始したと発表した。第1弾として大林組に5台をレンタルで納入、10月から都内の建設現場で活用する。

HALはこれまで医療・福祉分野で導入されており、建設現場など重労働を強いられる分野への展開も本格化する。今年中に50台をレンタルする計画だ。

開発した作業支援用HALは3キログラムと軽量で、腰幅39センチ以下の人なら誰でも簡単に装着できる。物を持ち上げると脳から出る指令(微弱な電気信号)を腰に貼ったセンサーでとらえ、モーターと太ももとおなか周りに巻いたベルトで持ち上げる力を補助する。40キログラムの物を持ち上げる場合、最大16キログラム分をロボットが助ける。1台当たり月額12万~14万円でレンタルする考えだ。

大林組技術研究所の上田尚輝担当部長は「大型工事が増え、人手不足が深刻だ。高齢者が少しでも長く仕事を続けるのに有望な手段」と語る。

サイバーダインは建設現場のほか、工場や介護現場で働く介助者向けにも「作業支援用HAL」をレンタルする方針だ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン