/

国分、森永乳業子会社の卸売り事業を買収 11月に

食品卸大手の国分は29日、森永乳業の子会社「デイリーフーズ」(東京・港)から家庭用冷凍食品の卸売り事業を11月に買収すると発表した。取得する事業の年商は約115億円。デイリーフーズの営業網などを生かし、需要拡大が見込まれる低温管理の食品卸事業を強化する。

子会社の国分フードクリエイト(東京・中央)を通じて取得する。同じく森永乳業子会社で、関西でアイスクリームなどを卸売りするクサヤ(大阪市)の全株式を8月1日に取得することも明らかにした。クサヤの2015年3月期の売上高は14億5700万円。国分は2社の事業や株式の取得額を明らかにしていない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン