/

この記事は会員限定です

メモリー投資 競争過熱 韓国ハイニックス、1.4兆円で新工場

[有料会員限定]

【ソウル=小倉健太郎】半導体の投資競争が再び動き始めた。韓国のSKハイニックスは29日、2025年までに最大15.5兆ウォン(約1.4兆円)を投じてメモリー半導体の新工場を建設する計画を明らかにした。メモリー半導体はデータセンターやパソコンの高速化で需要の拡大が見込まれている。競合する東芝の投資計画が滞るなか、大型投資で先行する日米韓の4社を追い上げる。

新工場ではスマートフォン(スマホ)などに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン