/

この記事は会員限定です

リコー、半導体子会社を売却 日清紡HDに100億円で

[有料会員限定]

リコー日清紡ホールディングス(HD)に半導体子会社を売却する方針を固めた。売却額は100億円強のもよう。リコーは主力の事務機事業が低迷し、業績が落ち込んでいる。構造改革により、非中核事業を切り離し、産業印刷やヘルスケアといった成長事業に経営資源を振り向ける。

売却するのは、電源ICなどを手がけるリコー電子デバイス(大阪府池田市)。このほど、半導体関連部品の新日本無線を傘下に持つ日清紡HDと優先的に交渉することを決めた。今後、従業員の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン