日医工、フィリピンとシンガポールの後発薬市場に参入

2017/9/1 23:26
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日医工はフィリピンとシンガポールの後発薬市場に参入する。今秋にも両国の後発薬企業とそれぞれ業務提携して現地での承認申請や営業で協力し、日医工ブランドの感染症や高血圧の後発薬を展開する。薬価改定で国内の収益環境が厳しくなるなか、東南アジア市場の開拓を急ぐ。

フィリピンでは2018年にも、呼吸器系疾患の治療薬や感染症に使う抗生物質の販売を始める。感染症薬は日本から輸出する経口剤のほか、16年に買収し…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]