/

この記事は会員限定です

シャープ、機構案受け入れ 東芝POS事業統合も

[有料会員限定]

シャープが官民ファンドの産業革新機構の支援を受けて経営再建を進める枠組みが29日、固まった。革新機構は同日に開いた会合で、シャープ本体への出資など支援策をまとめ、シャープ側も受け入れる方針。革新機構は東芝の白物家電に加え、同子会社のPOS(販売時点情報管理)システムもシャープと事業統合する検討に入った。シャープの経営再建をきっかけに国主導による電機再編が加速する。

シャープ再建を巡っては台湾の鴻海...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り618文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン