2019年3月21日(木)

吉野家、血糖値上がりにくい牛丼 月100万食目指す

2017/6/29 19:22
保存
共有
印刷
その他

吉野家は29日、食後の血糖値の上昇を抑える効果のある成分を加えた「サラシア牛丼」を7月3日から発売すると発表した。糖の吸収を緩やかにするはたらきのある食品「サラシア」を、店舗の厨房で具に混ぜて提供する。価格は並盛りで480円と、通常の牛丼より100円高くする。

同社の牛丼の総販売量は月約1000万食だが、サラシア牛丼だけでその1割の100万食の売り上げを目指す。

サラシアはお茶などで使われる食品で、糖の吸収を緩やかにする成分を含んでいる。そのままでは少し苦いが、配合など工夫して牛丼の味を損なわないようにした。3月に通販限定で具材だけを発売したところ、売り上げが好調だったという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報