/

この記事は会員限定です

幸楽苑、290円中華そばの販売終了 材料高騰で継続難しく

[有料会員限定]

ラーメンチェーン大手の幸楽苑は、看板商品の「中華そば」(税抜き290円)の販売を終了した。同商品は格安メニューの象徴として人気を集めてきたが、原材料費の高騰などで販売継続が難しくなった。代わりに高単価の新しいしょうゆラーメン(同520円)を投入し、主力商品として定着させる方針だ。

幸楽苑はラーメン店「幸楽苑」を全国に約500店運営する。「中華そば」の販売を先週に終了し、新メニューの「醤油らーめん『...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン