かっぱ寿司、家族客取り込み強化 ロゴなど刷新

2016/9/29 20:45
保存
共有
印刷
その他

コロワイド傘下のカッパ・クリエイトは29日、10月から回転ずしチェーン「かっぱ寿司」の店舗やメニューを刷新すると発表した。内外装やロゴマークをリニューアルし、季節感や特別感のある限定メニューを増やして家族客などの集客を強化する。数年内をメドに全店舗を新型店に改装する方針で競合激化に対応していく。

10月1日、新たなコンセプトに基づき改装した「三鷹店」(東京都三鷹市)を開く。店内には畳張りの座敷席を新設し、子供連れや孫を連れた三世代による利用をしやすくした。積み重ねた皿をイメージした新たなロゴマークも採用し、イメージ刷新を狙う。

既存店もメニューや制服などを一新。数量限定だった大トロを定番メニューに切り替えるほか、旬の魚介類を取り入れたネタを増やす。各地の祭りをイメージした季節限定品などの高品質商品もそろえる。四方田豊社長は、「安くておいしいだけではなく、外食の楽しさを表現したい」と強調した。

回転ずし業界では「はま寿司」「スシロー」「くら寿司」を含む大手4ブランドの出店競争が激化し、古参のかっぱ寿司は店舗数などで「4番手に後退した」(四方田社長)。カッパ・クリエイトの16年4~6月期売上高は前年同期比7%減の190億円。店舗の集客力を高めることで、業績の底入れにつなげる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]