ルノー・日産、東風と開発合弁 中国EV市場で先手

2017/8/29 13:29
保存
共有
印刷
その他

仏ルノー・日産自動車連合は29日、中国の東風汽車集団と電気自動車(EV)を共同開発する新たな合弁会社を設立すると発表した。中国で都市内の移動手段として需要が伸びている低価格のEVを開発し、2019年から湖北省にある東風の工場で生産を始める。

中国向けのEV開発を加速させる(日産「リーフ」)

新会社の社名は「eGTニュー・エナジー・オートモーティブ」。東風が50%を出資し、残りをルノーと日産が25%ずつ出す。新会社は湖北省十堰市に拠点を置き、開発した車は同市にある東風の工場で生産する。

新会社では「Aセグメント」と呼ばれる小型車のプラットホーム(車台)をベースに、通信機能などを持たせたEVを開発する。中国は世界最大のEV市場に成長しており、ルノー・日産は提携関係にある東風との連携を強めることでEV分野での優位性を維持する考えだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]