2019年2月22日(金)

「非純正インク」使えない? HPプリンターに騒動

2016/9/29 17:17
保存
共有
印刷
その他

米HPは28日、純正品ではない「非純正インク」が同社製プリンターで突然使えなくなる事態が相次いでいることに対し、ブログ上で謝罪した。海外で消費者からの反発が強まっていたため、HPは今後2週間以内に非純正インクを使えるようにソフトを再び変更、事態の収拾を図る考えだ。

■「印刷できなくなった」

騒動の発端は9月中旬の英国放送協会(BBC)など欧州メディアの報道だった。非純正インクを使うと「カートリッジに問題あり」などの表示が出て、印刷できない事態が急増したと報じた。

中小メーカーが作る非純正インクは純正品より安いため、多く出回っている。HPのプリンターを巡っては、非純正インクを製造するオランダの事業者の元にユーザーから9月13日を境に「突然印刷できなくなった」との苦情が殺到したという。

HPによると、2015年にプリンターに組み込むソフトを変更し、同社のチップが搭載されたインクカートリッジ以外は使えないようにした。ソフト更新の目的は「セキュリティー向上のため」などと説明し、非純正インクが使えなくなることは消費者に伝えていなかった。

その後、非純正インクが使えない問題は米メディアも報道。騒動の広がりを受け、HPは28日、ジョン・フラックスマン最高執行責任者(COO)の名前でソフトウエアの変更について「顧客とよく意思疎通すべきだった。おわびする」との声明を発表した。

■インクは重要な収益源

ただし、セキュリティー向上や知的財産権の保護のため、「一部の非純正インクを使えなくする措置を再び講じる可能性がある」としている。

非純正インクを排除する姿勢を崩さないのは、競争激化でプリンター本体の価格が低下していることも背景にある。インクや紙といった消耗品の販売はプリンターメーカーにとって重要な収益源になっている。

HPの日本法人によると、国内で販売されているプリンターも非純正インクを使うと印刷できなくなる可能性があるという。現時点では消費者からの問い合わせはないとしている。

(相模真記)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報