/

この記事は会員限定です

米シリコンバレーに事業発掘拠点 三菱商事や富士フイルムなど

[有料会員限定]

三菱商事は米シリコンバレーで、富士フイルム東京海上ホールディングスなどと新ビジネスを発掘する拠点を設けた。約10社の人材が集まり有望なベンチャー企業や技術を探す。デジタル技術で業界の垣根を越えた新ビジネスが生まれているため異業種で手を組む。

名称は「M―ラボ」。三菱電機キリンホールディングス旭化成なども入る。三菱商事は現地支店などに勤める全17人がメンバーで、他の参加企業は技術と事業がわかる人材を1人ずつ出す。全体で25~30人となる。

新ビジネスの種を探すだけではなく、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り345文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン