/

東電系と三菱日立パワーが提携 IoTで火力発電所効率化

東京電力ホールディングス子会社の東京電力フュエル&パワー(FP)と三菱日立パワーシステムズは29日、火力発電所の運営効率化サービスで提携すると発表した。両社の持つ発電所の設備や運営に関するノウハウを融合し、あらゆるものがインターネットにつながるIoTや人工知能(AI)も駆使して、国内外の事業者にサービスを提供する。

ガスタービンやボイラーなどにセンサーを設置し、取得したデータを分析。稼働率の向上や保守の最適化につなげる。まず、東電FP、中部電力が共同出資する燃料・発電事業会社JERA(東京・中央)と丸紅が共同運営するフィリピンの発電所に新システムを試験導入する。効果を検証し、東南アジアの発電事業者などにサービスを売り込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン