/

この記事は会員限定です

家計簿アプリ「マネフォ」 フィンテックの雄になるまで

「1万人も使わない」が500万人 辻社長のアメーバ戦略

[有料会員限定]

家計簿アプリや会計ソフトを提供するマネーフォワードが29日、東京証券取引所マザーズ市場に株式を上場した。金融とIT(情報技術)が融合したフィンテックベンチャー(VB)の雄として投資家の注目を集め、上場初値は3000円と公開価格(1550円)の約2倍を付けた。辻庸介最高経営責任者(CEO)(41)は京大卒業後、ソニーやマネックス証券で働き、2012年に起業。辻社長が「ものづくり力で突き抜けたい」と強調する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2255文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン