住友精密、設備投資2.3倍の54億円に 16年3月期

2015/7/3付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友精密工業は主力の航空機部品の生産コストを低減するため、2016年3月期の設備投資を前期比2.3倍の約54億円に引き上げる。同社は三菱重工業グループが開発する国産初のジェット旅客機「MRJ」などの航空機部品を受注している。設備投資の半分を航空機部門に振り向け、滋賀工場(滋賀県草津市)や本社工場(兵庫県尼崎市)の設備を増強する。

2工場に機械加工設備やメッキの最新設備を設置する。これまで外注して…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]