/

この記事は会員限定です

「牛丼で健康対策」吉野家、復活なるか

[有料会員限定]

吉野家は29日、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果が見込める牛丼の新製品を7月3日から全国の店舗で売り出すと発表した。食事に含まれる糖の吸収を緩やかにして、食後の血糖値の上昇を抑える機能のある成分「サラシア」を配合した。健康志向が広がるなか、ご飯の多い牛丼は健康に良くないというイメージが根強い。固定観念を覆すべく、「牛丼で健康対策」をうたい来店への後ろめたさを和らげるのが狙いだ。牛丼大手3社の中...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1094文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン