/

この記事は会員限定です

カネカ、インドネシアで菓子パン具材増産

[有料会員限定]

カネカはインドネシアで菓子パンに使うクリームなど油脂加工品を増産する。2016年3月期中に新ラインを建設し、年産能力を倍増して3600トンとする。クリームパンのクリームなら約3億個分に相当する量を生産できる。成長市場の東南アジアで販売を伸ばし、食品事業の海外売上高を3年後に100億円に引き上げることを狙う。

カネカが増産するのは「フィリング」と呼ばれるパンの具材に使うクリームやジャムで、投資額は数億円程...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り210文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン