2019年8月23日(金)

太陽光発電 農業と同時 日立系・大和ハウス

2017/8/29 23:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立キャピタルは大和ハウス工業などと組み、耕作放棄地で農家が農業をしながら発電する「営農発電」の事業に参入する。まず宮城県の農地で計4000キロワット規模の太陽光発電を始める。太陽光発電は国の買い取り制度の価格引き下げで新設が減ってきた。農業と組み合わせた新しい手法が広がれば、太陽光発電への投資が再び増えるきっかけになりそうだ。

両社は再生エネ事業のベンチャー、サステナジー(東京・港)と組む。ま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。