/

この記事は会員限定です

太陽光発電 農業と同時 日立系・大和ハウス

[有料会員限定]

日立キャピタル大和ハウス工業などと組み、耕作放棄地で農家が農業をしながら発電する「営農発電」の事業に参入する。まず宮城県の農地で計4000キロワット規模の太陽光発電を始める。太陽光発電は国の買い取り制度の価格引き下げで新設が減ってきた。農業と組み合わせた新しい手法が広がれば、太陽光発電への投資が再び増えるきっかけになりそうだ。

両社は再生エネ事業のベンチャー、サステナジー(東京・港)と組む。まず宮城県の登米市と加美町で農地...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン