/

米パロアルト研CEO「IoTは破壊的変化もたらす」

デジタル分野の技術や展望を議論する「世界デジタルサミット2017」(日本経済新聞社・総務省主催)が29日午前、イイノホール(東京・内幸町)で開幕した。「IoTが拓くイノベーションと成長」と題し、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」をテーマに30日まで討議する。

講演するパロアルト研究所(PARC)のトルガ・クルトグルCEO(29日午前、東京都千代田区)

講演で米パロアルト研究所のトルガ・クルトグル最高経営責任者(CEO)は、「IoTはまさに破壊的な変化を人類の未来にもたらす」と述べた。同氏はIoTの普及によって「将来は物理的世界とデジタルの融合が進む」と話した。例えば「500万個のデバイスがつながり、そこから数千万ドルのビジネスが生まれる」と述べた。

講演ではIoT関連の研究事例も紹介した。JR東日本と共同で、電車が故障する前に異常を教えてくれるアルゴリズム(計算方法)を開発。米ゼネラル・モーターズ(GM)とも、電気自動車向けの電池に内蔵するセンサーを共同で開発している。

パロアルト研究所は1970年に米ゼロックスの研究部門として発足。米西海岸シリコンバレーを拠点にオープンな組織として企業の研究開発を後押ししている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン