/

この記事は会員限定です

電子申請だけじゃないブロックチェーン 宅配や賃貸、株主投票

[有料会員限定]

総務省が仮想空間で台帳の情報を共有する技術「ブロックチェーン」を使い、電子申請システムを刷新することになった。ブロックチェーンは仮想通貨「ビットコイン」の基幹技術として知られるが、決済や履歴管理などが容易になり安全性も高いとされ、企業での応用例も急速に増えている。社会のあり方も変える可能性があるブロックチェーンの最近の動きをみてみよう。

ブロックチェーンは仮想空間に集まった複数の参加者全員でお互い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1776文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン