バングラで発電所・港湾 住商など5社

2017/7/30 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

住友商事とIHI、東芝、五洋建設など日本企業5社が組み、バングラデシュで最新型の石炭火力発電所と港湾を建設する。事業費は約5千億円。国際協力機構(JICA)が過去最大となる同額の円借款を提供する。新興国のインフラ整備は中国や韓国との受注競争が激しい。環境負荷の低い最新火力をインフラ輸出の目玉と位置づけ、官民でシェアを拡大する。

住商が事業を取りまとめ、現地の電力公社が実施した入札で工事を受注した…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]