/

この記事は会員限定です

東芝、太陽光パネルをリサイクル 金属を効率的に回収

[有料会員限定]

東芝は使用済みの太陽光パネルを資源として再利用するリサイクル技術を開発した。パネルのガラス基板から太陽電池の薄膜を剥離し、銀などの金属を効率的に回収。ガラス基板も板ガラスとして再利用する。

東芝子会社の東芝環境ソリューション(横浜市)がリサイクル技術を開発した。ガラス基板と分離した後、太陽電池の薄膜を粉砕する。銀やアルミなどを含む資源として精錬会社などに販売する。一般的な...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り188文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン