2019年1月21日(月)

楽天、格安スマホに参入 ネットと通話で月額2200円

2014/10/29付
保存
共有
印刷
その他

楽天は29日、格安スマートフォン(スマホ)サービスに参入すると発表した。月額利用料金は定額インターネット接続と通話で月額2200円となり、大手携帯電話会社のプランより大幅に安くなる。ネット通販「楽天市場」で申し込めるようにする。楽天は国内に9000万以上の会員を抱える。提供するスマホ関連サービスなどと組み合わせて売り込む。

格安スマホサービスの「楽天モバイル 通話SIM」は通信子会社のフュージョン・コミュニケーションズを通じて展開する。通話基本料と使い放題のネット接続料を含めた「SIMカード」と台湾メーカーの端末「ZenFone5」を販売する。

SIMカードの月額利用料金は1カ月あたりの通信容量とネット接続の通信速度で異なる。最安プランは通信速度が最大毎秒200キロビットで月額1250円。下り最大毎秒150メガビットの場合、容量2.1ギガ(ギガは10億)バイトで1600円、4ギガバイトで2150円となる。

月額利用料2200円は容量2.1ギガバイトで、楽天のアプリを使って月30分間通話するという条件を想定している。端末代は2万6400円。

端末では当初から、楽天が提供する無料通話アプリ「バイバー」、電話番号をそのまま使えて通話料金を安くできる通話アプリ「楽天でんわ」を使えるようにしている。楽天は3年程度で1000万台の販売を目指す。

格安スマホはイオンなど小売り大手や通信事業者が相次いで参入している。顧客基盤を持つ楽天の参入で料金の値下げ競争も激しくなりそうだ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報